えっと、まぁ、女子高生の徒然日記っすかね;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-09-23 [ Fri ]
今日の僕は昨日の僕とはちょっと違っていた。
何が違うのか、気づいたのはもっと後だったけど。

11月5日
僕のいすが壊れた。 
家族はとても哀れな目で僕を見た。

11月8日
ピアノが弾けなくなった。
僕にはどうして弾けなくなったのかがよくわからなかった。

11月10日
歩く姿勢が良いといわれるようになった。
どちらかというと、前かがみができないだけなんだけど。

11月14日
目つきがきつくなった。
もしかしたら、細くもなったかもしれない。

11月18日
数時間外にいるだけで足が痛くなる。
最近筋肉が衰えてるのかな。

11月20日
耳が遠くなった。
みんなの声が聞こえない。

11月23日
歩き方が奇妙だといわれる。
僕にはどこが変なのか全然わからない。

11月25日
最近疲れがひどい気がする。
歩きすぎかなぁ。

11月28日
腰が痛い!!
家族に最近太り気味じゃないかと言われた。

12月1日
息苦しい。
歩けない。
彼女と別れた。

12月3日
仰向けに眠れない。
鼾がうるさいと言われた。
咳が止まらない。

12月6日
下痢が止まらない。
家族が心配そうに僕を見る。嫌だ。

12月8日
道ゆく人が僕を見る。
なんだっていうんだ。

12月11日
嘔吐した。
家族に病院に行けと言われたが、嫌だ。

12月15日
目がかすむ。疲れが溜まっているようだ。
甘いものを食べよう。

12月20日
未だ下痢と嘔吐が止まらない。
いい加減に病院に行ってみようか。

12月21日
病院なんて行く暇がなかった。
思えばもう年末だ。

12月24日
妹の目が僕を捕らえなくなった。
反抗期か?
血痰が出る。

12月29日
仕事納め。
病院、もうやってないなぁ・・・。

1月4日
仕事始め。
暇があればいいかげん病院に行きたい。

1月8日
病院へ行けた。
検査入院しろと言われた。

1月11日
結腸癌と診断された。
何でこうなってしまったんだろう。
もう既に早期ではない。
肺に転移が見つかった。

5月4日
享年35歳。
» READ MORE...
スポンサーサイト
2005-09-22 [ Thu ]
 
はぁ・・・、あぁ、消えました。いらいらしますね。




早く帰った。

もしかしたらHRさえもさぼったかもしれないが、
早退にはならない。
僕は学校に貢献したと思われていたはずだった。

帰宅後は、馬鹿な親の趣味に時間をとられながら病院に行った。
聴覚検査は無事終わり、僕は快方へと向かっている事がわかった。
ステロイド剤はなかったことにされ、
なんだか不思議な気体を吸引させられた。
そして二週間分の薬を与えられた。
それは何気に多くて、薬袋が閉まらなかった。
でも僕は何故かやる気を削がれていた、
それは病院にガキがいっぱいいたからじゃなくて、
謎の気体を吸引させられたからだと分った。

処方箋を貰うために薬局へ寄った。
旅行の時お世話になった彼女にお礼を言いたかったけど、
「貴女の言うとおり、向こうでは気分が晴れて、お蔭様で快方にむかっています。」
彼女は僕を担当してくれなかったから伝えられなかった。

駐車場を使わせてもらっているスーパーに寄った。
そこでは季節の移り変わりが垣間見えた。
桃がなかった。
僕の大好きだった「ホワイトピーチ」がおいてあったそこには、
今では梨が処狭しと並べられていた。
とても白くて、小ぶりで、でも甘さは抜群だったそれはもうないんだ。
そう僕は思って悲しくなった。
感傷に浸ってみた。が、面白くないので、やめた。

そういえばこの日僕は機嫌が悪かった気がする。
いや、日、ではなくこのときにはもう直っていたかもしれない。
でもイライラしていたのは事実だ。
車のミラーで見た僕の顔はとても情けない顔をしていたし、
車内から車外へ放り投げた僕の視線に、
スクーターの彼の視線が重なっても僕は笑顔を投げかけなかった。
それどころか僕の視界はぼやけていた。
なんてことはない、なにがあった訳でも、何をされた訳でもなかった。
でもスクーターの彼は行ってしまった。
ちょっと困ったような顔をして。

世の中自分の思うようには中々進んでくれなくて、
僕の思うことは本当にどうでもいいことだった。


多分並に再現。こんなん書いてたような・・。うん。
2005-08-13 [ Sat ]
今日は行こう行こうと思いつつ、どこにもいかなかった訳ですが・・・。

今日は、とある本を午前中に読んで。
そのなかに蕨餅を作るというシーンがあったもんで・・・;
作っちゃいましたw
なんて影響されやすいんだ私;
まぁそんなこともあるよね;

そんで午前中本を読んだにもかかわらず、
自室に入りうぇbにてまた小説を・・・ずっと読んでました。
最近イロイロ読みすぎっす;
依存症ですね;え?そんなこと言わない?
よし、今作ります。
「文章依存症」
え?つまらない?確かにつまらないのは嫌いですが・・・。
そういやぁこないだゲーム中に「つまらないのは駄目だ」と真剣になってる友人を見て余計に好きになりました。(爆笑
眠かったからかな?;いつもはあんなこと言わないものね;
でも、すべての人がこうなら、私の嫌いな人は世界に一人もいなくなるのになぁ。
ちょっとした希望でつ。
あぁ、話が脱線しましたか;
えっと・・・。でもこれおもしろくしようとしたら、意味伝わらないので。
あきらめw、あぁ略して「文症」すかね;
全く意味のない分になってしまった;

まいっか。

そうそう、今日恐ろしい夢を見ました。
なんだか自己嫌悪に陥った目覚めでしたわ;
だって好きな子に「もっと信用してくれたらね」って言われましたorz
あーあ、嫌だ嫌だ。
2005-08-01 [ Mon ]
あー、先ほど帰って参りました。
恐ろしかったです。
なんつーか。。。。兄がorz
帰り車で迎えにきていただいたんですが。
運転怖いよママン、助けてよママン。だったわけですが。はあ;

腹減ったよ。うそだよ。
そんなことよりあらぬところでいろんなこと思い出して。
ずいぶん放棄した悩み事があったんだと思い出した。
はぁ、会いたいよ。喋りたいよ、触りたいよ。
俺、相変わらず馬鹿だなぁ、昔の壁、乗りこせなかったから、今では退化してる。
そして今この曲聴いてる俺も、嫌。名前なんか呼ばない。生きる意味なんかない。
この曲わかった人はいくらでもいるんでしょう。

「どす黒いなぁ;」
そう言われた俺。ほっといてくれ;
あーあ、いつまで続くんだろう。
俺ホントに京都に行こうか?んー、確かに東京も好きだが。
知らない土地に行ってまた一から始めたい気もする。
俺はいつもそうやって自分を持ち直してた。
でもそれをする度余計に退化していく俺の中身。
価値なんて勝手に決めてしまえ。

つか途中相方さん顔色悪くて怖かった(ぇ?
いや、心配だったんだよwぇ
・・・・。もういいよー。
制服では行きたくないのになぁ;

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。