えっと、まぁ、女子高生の徒然日記っすかね;

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-31 [ Thu ]
家を出る。

というかでないと私が滅ぶ。

私は謝りたい人間にしか謝らない。

今だけじゃない。

昔からそれは変わらない。

それに気づかないあの人は死にゆくときに思うんだ。


「自分だったんだ」


と。



最近焼けたせいか白い部分が浮き出てきた。
黒くなれば、白い部分は目立たなくなるのかななんて思ってたのに。
これじゃぁ逆効果だ。
私の掌が大きくなったのか、手首が小さくなったのかはわからないけれど、
手首に回る私の指のあまりは年々増える。


笑顔をみせながら
心の中では残酷なことしか吐かない。

父に似ていると思っていた性格や言動は、
実は母ににていた。
似る部分の苦労は兄一人に任せておこう。



要領の悪い私は

やはり骨折するまで壁を殴るしかなく

要領の良い兄は

壁を小さなところから崩していくのだ
2006-08-30 [ Wed ]
え、まぁ女の子が考えるような

「あたし、もっともっと強くなるネ(キラーン」

みたいなのではないです。肉的にね。<体どこいった。
精神的にはもういいです。飽きました。<そんなことに飽きが・・!

うん。最近ホントになんか暴力の話とか、れ○●の話とかよく耳にするし。

ごめん、こんなん建前です。
私はただ殴る理由が欲しいだけです。
という訳でまたボクシングジムに行きたいなぁと思います。
が、お金と交通費がかかるので困ったなぁ・・・。
こないだ久しぶりにバンテージ巻いたわけですが、とても気分が良くなりまして。
いかに早くまっすぐに腕を振れるかがポイントなんですが。
これがなかなかうまくいかない。っていうか爪切れって感じですか?
今右手爪がすさまじく長いです。おかげでこぶしが握れないっていう。
左は短いんですけどね。

あー、なんか強くなりたいとかあんまり女の言う事じゃないなぁ。
なんで女に生まれたのか不思議でなりませんな。
おかげでぶよぶよだよ★


そういえば今日虫を助けてあげました。
入れておいた紅茶を飲もうと思ってカップを見るとそこには小さな虫が一匹・・。
「・・・・!!!(; ̄Д ̄)」
「ウワーン(´□`。)°」
台所で流そうと思いましたらば、なんとその虫がもがいているじゃないですか。
「・・・、(´△`;)ちょっとまってて!」
言いながら私は家を駆け回り適当な紙を探し
「母様!この紙いりませんか?!」
「・・、なにそれ・・?いらない。」
その言葉を聴き、急いで台所に戻り虫を救出しました。
一度水に落ちると虫って結構だめになったりするんですが、なんとか動いていらっしゃったので窓の近くに紙ごと置いておきました。
泣きながらカップの中身を捨てまた紙を見に行くと、彼はもうそこにはいませんでした。

ちょっと切なかったです。
恩返し、ちょっと待ってみようかな。<死
» READ MORE...
2006-08-28 [ Mon ]



えーっと。
こないだ大阪に帰った時に食いました。

ってかさー。
あたし大阪いるときこの「串カツ」が有名だなんて知らなかった世。
まぁ私はどこの人でもないのでどうでもいいですが・・・。

串カツなのに、牛を食べなかった邑井です。

豚バラとかー、玉ねぎとかー。そんなんでした。

うーん。
素敵な甘味所に行きたい。
2006-08-24 [ Thu ]
優しく・・・・




なんか・・・、素敵でした<爆

最近素晴らしく好きなマンガ家さんみつけちゃいましたよ・・・。

彼の名は・・・K!!
彼は最高な人でした・・・。
私結構マガジン系好きなんだなぁ・・・。
まぁ基本バッチコーイ!!だからかな・・・。

あぁいうノリが好きなんだー・・・。

つか・・・、喧嘩素晴らしいよ・・・!!!!
2006-08-19 [ Sat ]
許されざる身を

案じつつ

君に会いしは

明日の夕立

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。